研究開発

3DETC ドクター

走行しながら電波障害の原因を診断

ETCやITSスポットの通信エラーが発生している箇所を「3D電界強度測定車」を使用して電波の状況を3次元で可視化する技術

従来の診断/3DETC ドクター

メリット
  • 交通規制が不要

    車両搭載型の測定装置のため、走行しながらスピーディに診断ができ、交通規制が不要となります。

  • 対策コストの縮減

    診断をもとにアンテナ角度や出力を調整することができ、また電波遮断用ネットや電波吸収体などの設置場所を最適化できるため、対策工事のコストを縮減できます。

  • 安全性の向上

    通信品質の向上により、通信障害による開閉バーの接触事故などを防止できるため通行車両の安全性向上に寄与します。

技術の概要

レーザーセンサで3次元点群データを取得すると共にGPSとジャイロセンサにより位置情報も取得することができる。

技術の概要

映像
お問い合わせ先
部署:技術部 技術課 TEL:03-3647-5941
FAX:03-3674-5942
MAIL:keiyaku@shutoko-etcm.jp